前期比20%増の約387億円 16年3月期【ケイアイスター不動産】

2016年7月15日 8:59 AM

独自の注文住宅ブランドを展開している

独自の注文住宅ブランドを展開している

 ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市西富田、塙圭二社長)はこのほど、16年3月期(15年4月1日−16年3月31日)の決算を発表した。売上高は前期比20%増の約387億円となった。住まいのデザイン・機能性を重視しつつ、工期の短縮や建築コストの低減を行うなど、生産性向上を図った。分譲住宅の売上高の増加が主な要因。今期は引き続き、職人を養成する「クラフトマン制度」を充実させるとともに、事業エリアの拡充、M&Aも視野に入れ、新商品の開発にも力を入れていく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る