シャクナゲから分社化 弁当宅配に特化【かつみ工房】

2016年6月30日 8:59 AM

日替わり弁当はワンコイン(500円)から用意している

日替わり弁当はワンコイン(500円)から用意している

 弁当製造販売の「かつみ工房」(高崎市上並榎町、星野勝己社長)は、レストランを展開するシャクナゲ(住所、社長同)から分社化し宅配に特化。シャクナゲのレストランメニューを継承しつつ、オリジナルも投入し、新たにケータリング事業にも参入した。県内を中心に室内外を問わず、予算に応じた食事の提供に努めていく。「日替わりはワンコイン(500円)から用意している。『NOではなくYES』というように顧客の要望には、とことんこたえリピーターを増やしていきたい」(中島大輔取締役)。3カ月分の日替わりメニューを告知するなど、利用しやすさも追求していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る