廃プラリサイクルに参入【平成モールディング】

2009年8月6日 8:10 AM

破砕したプラスチック

 プラスチック金型の設計・製作を手掛ける平成モールディング(桐生市菱町、新井信一社長)はこのほど、廃プラスチックのリサイクル事業に参入した。伊勢崎市赤堀の第二工場を改装し新会社「平成商事」(同社長)を設立。設備を導入し、業務をスタートする一方、材料となる廃プラの十分量を確保するため、日本容器包装リサイクル協会(東京都港区)への加盟を目指し、申請手続きを行っており、早ければ11月にも受理される見通し。廃プラリサイクルは産業廃棄物の中間処理業者が行っているケースがほとんどで、金型や成形業者が参入するケースは珍しい。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る