信頼回復

2016年6月16日 8:59 AM

ぐんけい録 三菱自動車やスズキなど燃費データ不正問題を受け、国土交通省は10日、「型式指定」の審査方法の見直し策についてまとめた中間報告を発表した。消費者から実際の燃費とカタログの燃費の数値に大きな開きがあると指摘されていたことから市街地、郊外、高速道路と3つのパターンで表示する方針。不正が発覚した場合、型式指定の申請を却下するなど厳しい制裁措置を下すという。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る