車間距離、標識認識機能も【ワーテックス】

2016年4月25日 11:59 AM

衝突警報装置XLAS−303

衝突警報装置XLAS−303

 ドライブレコーダーや衝突警報装置等の開発・製造・販売を行うワーテックス(太田市強戸町、安俊典社長)はこのほど、自動車に後付けできる衝突警報装置「XLAS−303」を開発、近く販売を始める。前方車間距離警報、低速時前方衝突警報などの機能を盛り込んだもので、初年度1万台の販売を目指している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る