樹脂で複雑曲管部品【ジュンコーポレイション】

2009年6月29日 9:00 AM

試作したエンジン冷却水配管

 プラスチック加工を手掛けるジュンコーポレイション(安中市松井田町上増田、小板橋義和社長)はこのほど、得意とするガスインジェクション技術を駆使し、樹脂製のエンジン冷却水用配管を試作した。従来、同配管はステンレスなどの金属部品が用いられていたが、樹脂に代替することで7割の軽量化が図れるほか、コストも半額程度に抑えられる。すでに複数の自動車メーカーに提案しているほか、電機関連などからも需要が見込めることから、新たな事業の柱として期待を寄せている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る