「マタニティスープ」を商品化【ベジタル】

2016年4月2日 8:59 AM

化学調味料や保存料などは使っていない

化学調味料や保存料などは使っていない

 スープ専門店の運営などを手掛けるベジタル(前橋市亀里町、宮川修一社長)は、妊婦向けのカップスープを商品化した。「マタニティスープ」の名称で、出産を経験した母親や産婦人科、管理栄養士の声を集め開発。「マイナス1歳からの食育」がコンセプトで、妊娠中に不足しがちな葉酸、鉄分、カルシウムなどの栄養素を手軽に補給することができる。味は現在2種類だが、今後バリエーションを増やしていきたい考え。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る