12億円投じ新校舎建設【高崎看護学校】

2016年3月29日 8:59 AM

17年4月開校の新校舎完成予想図

17年4月開校の新校舎完成予想図

 独立行政法人国立病院機構 高崎総合医療センター附属高崎看護学校(高崎市高松町、石原弘学校長)はこのほど、校舎の新築工事に着手した。県内の看護師不足を解消するため、定員をこれまでの2倍の240人とするためで、総事業費は約12億円。17年4月からの利用を予定している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る