リハビリ用平行棒を試作【シミズプレス】

2016年2月1日 9:00 AM

絞り加工を行った握りやすいバー

絞り加工を行った握りやすいバー

 プレス加工、金型設計・製作のシミズプレス(高崎市倉賀野町、清水紀幸社長)はこのほど、リハビリ用平行棒の試作品を作製した。医工連携事業の一環として、大学や病院、介護施設などからニーズを聞き、医療器具分野への参入を目指したもので、同社の絞り加工技術を活用。今後、病院や介護施設などで使ってもらい、改良を加え製品化につなげる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る