2日間で2300人が来場【県庁で群馬県危機管理フェア】

2016年1月26日 9:00 AM

自衛隊の災害特殊車両も展示された

自衛隊の災害特殊車両も展示された

 15年度「群馬県危機管理フェア」が15日と16日に県庁で開かれた。期間中約2300人が来場、防災の知識や備えの大切さなどを学んだ。
 同フェアは08年度からスタートし、今年で8回目。災害やテロなど、生活を脅かす危機に備えるためには、情報や対処方法など正しい理解が必要。同フェアでは、自衛隊、警察、消防などの機関が保有する防災・救助装備資機材の展示や活動紹介、各種体験や講演会などが行われた。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る