圧電素子使い脈波センサー【太陽誘電】

2015年12月8日 9:00 AM

指に巻いたセンサーからの情報がリアルタイムで表示される

指に巻いたセンサーからの情報がリアルタイムで表示される

 県内に多くの生産拠点を持つ太陽誘電(東京都台東区、登坂正一社長)は、圧電圧力波センサーを開発した。さまざまな物体の圧力変化や振動を高感度で検出できるもので、すでに同センサーを使い、血管壁の振動を測定する脈波センサーの試作品を開発。血管の硬さの情報が得られる点も特長で〝血管年齢〟の測定が可能。県内外の各種展示会に出展し大きな反響を呼んでいる。現在、医療機関などで検証を行っており、1年以内の製品化を目指している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る