スマホ用スタンプラリーシステムを開発【ウェブシステム】

2015年11月23日 9:00 AM

カスタマイズ可能な運用画面

カスタマイズ可能な運用画面

 コンピュータシステムの開発を行うウェブシステム(高崎市岩鼻町、横山正男社長)はこのほど、スマートフォン用スタンプラリーシステム「ラリスタなう」の販売を開始した。21、22日に開かれる「高崎えびす講市」での採用が決定しており、祭りを盛り上げる役割を果たす。
 同システムは、各地域や商店街の活性化事業で活発に利用されているスタンプラリーを、時代のニーズに合わせてスマホで実現、スマホ世代の集客を目的としたもの。地図などで表示されたスタンプ地点に行くと、スタンプの押印が可能となり、景品交換や商品を応募することができるシステム。高崎経済大学経済学部の佐々木茂教授や学生の協力を仰ぎ、完成に至った。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る