独自トラッククレーン導入【上毛資源】

2015年11月20日 9:00 AM

オーストリア「パルフィンガー社」のクレーンを搭載

オーストリア「パルフィンガー社」のクレーンを搭載

 廃棄物処理と解体事業の上毛資源(前橋市高井町、佐伯一社長)はこのほど、廃棄物収集運搬に使用する独自のトラッククレーンを導入した。業界スタンダードを目指し同業者の問い合わせにも対応していく。
 同社は、自然環境に配慮したグループ会社として本県はじめ近県で事業を展開。廃棄物収集や解体、ビル管理、交通誘導などを手掛ける。
 今回は3台の運搬車を導入。6月に初めて7㌧車を導入。8月には2㌧車、今月2日に4㌧車を導入した。いずれもオーストリア「パルフィンガー社」の折り曲げ式クレーンを搭載している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る