初の介護老人保健施設【社会福祉法人志純会】

2015年11月17日 9:00 AM

「からたちの丘」入所・ショートステイ部分の外観

「からたちの丘」入所・ショートステイ部分の外観

 社会福祉法人志純会(入内島一崇理事長)は2日、介護老人保健施設「からたちの丘」(渋川市赤城町津久田、鈴木守施設長)をオープンした。同会ではこれまで特別養護老人ホームは運営していたが、介護老人保健施設は初めて。
 開設地は関越道赤城インターチェンジの近くで、定員40人の入所・ショートステイ部分が2階建てで延べ床面積1907平方㍍、定員20人の通所リハビリテーション部分が5階建てで延べ床面積1165平方㍍で、合わせて3072平方㍍。
入所者用のリハビリテーション室

入所者用のリハビリテーション室


 スタッフは30人体制で、医師、看護・介護職員のほか、支援相談員、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士、薬剤師などを配している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る