受注減少が最大の悩み【7-9月、建設業景況調査】

2015年10月30日 9:00 AM

今期の経営上の問題 東日本建設業保証などはこのほど、7月から9月の建設業の景況調査をまとめた。それによると、悪い傾向が、やや強まっており地区別でみると、すべての地区で悪い傾向となった。受注の減少を最大の問題ととらえている企業が5割以上を占めた。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る