除染作業員向け寄宿舎設置【三ラージ】

2015年8月20日 9:00 AM

貨物用コンテナを活用した

貨物用コンテナを活用した

 収益不動産の売買などを手掛ける三(スリー)ラージ(伊勢崎市連取町、小野里洋平社長)は、東日本大震災の原発事故に伴う除染作業が進められている福島県南相馬市に、除染作業員向けの寄宿舎を設置、このほど宿泊受け入れを開始した。同社初の取り組みで、貨物用コンテナを活用し約200世帯分を用意。状況を見て今後も他地域への設置を検討していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る