高崎市内初の特例子会社【環境システムズ】

2015年8月18日 9:00 AM

あいさつをする環境福祉サービスの12人

あいさつをする環境福祉サービスの12人

 環境関連事業を手掛ける環境システムズ(高崎市倉賀野町、塚田敏則社長)が、障がい者雇用促進を目的に設立した子会社、環境福祉サービス(高崎市倉賀野町、本郷照二社長)が、市内初の「特例子会社」として6月24日に認可された。8月6日には「特例子会社設立式典」をニューサンピアで開き、関係者ら約100人が参加した。
 「特例子会社」とは、障がい者の雇用促進や安定を図るため、事業主が障がい者雇用に特別の配慮をした子会社を設立、一定の要件を満たす場合には、特例として子会社に雇用されている労働者を親会社に雇用されていると見なして、実雇用率が算定できるとしたもの。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る