10月引渡し物件から保険・供託が義務化

2009年8月27日 5:23 AM

 新築住宅を販売する建設業者や宅建業者に対して、瑕疵担保責任を履行するための資力確保を義務付ける「住宅瑕疵担保履行法」の施行までおよそ1カ月。10月1日以降に新築住宅を引き渡す事業者は、補修費用を負えるように、供託金を法務局に預けておくか、住宅瑕疵担保責任保険に加入しなければならなくなる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る