のれん分け制度導入し多店化へ【HAPPY ISLAND】

2015年7月30日 9:00 AM

高崎市中泉町の「ハッピーバーグ」1号店

高崎市中泉町の「ハッピーバーグ」1号店

 飲食店を展開するHAPPY ISLAND(高崎市緑町、福島健司社長)は、ハンバーグ業態「Happy Burg(ハッピーバーグ)」の多店舗化に乗り出す。5月に設立したグループ会社、HAPPY PROJECT(同所、福島展子社長)を通じて、のれん分け制度(ボランタリー・チェーン)により店舗展開していくもので、初期投資を抑えることで、独立希望者をサポートする。将来的には10店舗体制の構築を目指している。同制度導入に当たり、研修店と位置付ける「ハッピーバーグ高崎倉賀野店」(高崎市倉賀野町)を9月にオープンする。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る