カメラ内蔵防犯灯に新機種【トステック】

2015年6月22日 9:00 AM

100万画素で動画を撮影する

100万画素で動画を撮影する

 各種産業機械の制御盤設計、製作を手掛けるトステック(高崎市柴崎町、山森利行社長)は、プライバシー保護機能付きカメラ内蔵防犯灯「e自警」の新機種を開発した。カメラ映像を無線接続で読み取れるようにしたほか、録画解像度やデータの保護機能を向上。現在、生産体制の確立と販路を開拓している段階で、今年10月の発売を予定している。年内に200台、年間1000台の販売を目指している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る