熱中症対策向け警備服導入【ジェイネット】

2015年6月19日 9:00 AM

新たに導入した「空調服」

新たに導入した「空調服」

 上毛資源グループで警備・派遣事業を運営するジェイネット(前橋市高井町、佐伯一社長)はこのほど、夏場の熱中症対策を見込んだ警備服を導入した。県内の警備事業者の取り組みとしては珍しく、差別化を図っていく考えだ。
 新たな警備服は「空調服」と名付けられたジャンパータイプ。空調服(東京都板橋区)が販売元になっている。腰部両側に小型ファンを備え、服の中の空気を循環させて汗を気化することで涼しく快適に過ごせる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る