プロ集団が中小企業再生協組設立【東日本中小企業再生協同組合】

2015年5月28日 9:00 AM

 県内の経営コンサルタントや税理士、司法書士などが「東日本中小企業再生協同組合」(高崎市鶴見町、田邉郁也代表理事)を設立した。中小・零細企業の事業再生を専門家集団がワンストップで請け負っていく。地域の優良中小企業を「ぐんま社長BANK」として組織し再生支援能力向上に努める。また、組合員の中からターンアラウンド・マネージャー(事業再生責任者)を当該企業に派遣し対象企業とスキーム参画企業の連携を推進する。こうした組合の設立は県内では初めて、全国的にみても珍しいという。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る