新感覚のパイ焼き菓子商品化へ【ル パティスリー ヒデ】

2015年4月24日 12:00 PM

前橋市川原町の本店

前橋市川原町の本店

 洋菓子製造販売の「ル パティスリー ヒデ」(前橋市川原町、佐藤秀雄代表)は、国から地域産業資源活用事業計画の認定を受け、県産農産物を使った、新感覚のパイ焼き菓子の開発に取り組んでいる。新たな群馬の名物を目指すもので、今秋にも商品化する予定。一方、今年1月には伊勢崎市内に直営店を出店、3店舗体制となった。業容拡大に対応するため、洋菓子工場の設置も計画している。
 認定を受けた計画は「パイ用フィリング製造技術を応用した群馬県産農産物のパイ焼き菓子シリーズの製造販売事業」。取り組むきっかけは、店の常連客からの、県外に持っていける焼き菓子を望む声。群馬らしさがあり、差別化を図れる商品を目指した。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る