ピザ窯特殊場所に施工【増田煉瓦】

2015年4月19日 12:00 PM

増田煉瓦製ピザ窯

増田煉瓦製ピザ窯

 ピザ窯(かま)の製造を手掛け、年間100基以上を全国に提供する増田煉瓦(前橋市石倉町)。4代目の増田晋一社長は、高層ビル内など特殊な場所でも施工、設置できる国内唯一の企業として絶対の自信を持っている。
 他社がやらないもの、できないものを具体化、依頼を受けたからには全力で取り組む。顧客の要望には、発想から着手、図面を起こして基本設計から製造、施工、メンテナンスまでの一貫体制を敷く。
 窯に適したバーナー燃焼構造や吸排気設備など、様々な店舗設置環境に対応、規格のないものに対しては独自の社内自主規格を策定して高い安全性を確保し、本場イタリアのピザ窯にも引けをとらない製品を供給している。
 増田社長に「競合は?」と聞くと、「真似をしようとも思わないだろう」と既製品の多い市場の中で、顧客の要望に合わせた窯作りと現場でも組み立てられるという唯一無二の技術力を語る。
 その最も重要な技術がレンガのドーム。架台など金属部分の特殊加工や、燃焼効率を高めるための設計、炉部分のレンガの成形加工と組み上げなどだ。材料のレンガはイタリアやフランスからも輸入する。
 そこに部材の性質や耐久性、加工などを理解した職人の技が加わる。「自分で絵に描いたものが形になって、お客さんの喜びと利益になることが私の喜び」と増田社長。導入に際しては、ノウハウと運用を体験できる研究研修所を設け、サポートも行っている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る