第1回榛名荘まつり開催【一般財団法人榛名荘】

2015年4月21日 9:00 AM

敷地内には77年前の桜も健在だ

敷地内には77年前の桜も健在だ

 一般財団法人榛名荘(高崎市中室田、濱名敏白理事長)は12日、榛名荘病院などの敷地を一般に開放し、「第1回榛名荘まつり」を開き、近隣住民を中心に約800人が来場した。
 1938年に開設された榛名荘は今年で77周年を迎える。それを記念する形で、敷地内の桜の満開時期に合わせ、付近の住民を招待しての祭り開催に踏み切った。これまでも、高齢者施設の入居者や家族を対象に、桜時期に施設内を解放したことはあったが、今回ほど大規模ではなかった。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る