ホーチミン

2015年4月16日 9:00 AM

ぐんけい録 成長著しいベトナムを一人旅した。年間を通じて過ごしやすいという、からっとした天気の春先までの乾季に合わせた。
 そもそもは産経新聞元サイゴン特派員、近藤紘一氏の著「サイゴンから来た妻と娘」に触発され、一度は南ベトナムの旧首都であるサイゴン、今のホーチミンを訪れたいと思っていた。近藤さんは「大輪の花のような笑顔に惹かれ」とベトナム女性となれそめを述べ、サイゴン政権崩壊前後の庶民のたくましい暮らしぶりを描いている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る