障がい者雇用で知事賞【東朋産業】

2015年3月31日 9:00 AM

表彰状を手にする村田社長

表彰状を手にする村田社長

 ビルメンテナンスやセキュリティなどを手掛ける東朋産業(前橋市総社町桜ヶ丘、村田茂行社長)は、障がい者への理解ある企業として、14年度障害者雇用優良事業所表彰で群馬県知事賞を受賞した。村田社長は「どんな企業にも障がい者を活用する余地や方法があるのではないか」と語っている。
 同社では1962年の創業当初から障がい者の雇用に取り組んでおり、現在は、18人の障がい者(精神1人、身体6人、知的11人)が、市役所、病院、大学などさまざまな施設で清掃活動を行っている。
 同社の清掃業務は同じ場所、内容が続くため、障がい者にとっては比較的働きやすい。そのため障がい者定着率は高く、ほとんどが長期勤務となっている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る