駅整備

2015年3月12日 9:00 AM

ぐんけい録 JR東日本の駅舎の建替、駅構内のエレベーター、エスカレーター、ホームの電光掲示板、冷暖房付きの待合室等の設置、そして踏切の立体交差化の計画等は、どこで、どんな基準で決められているのだろうか。
 群馬県内のそうした整備等は、周辺の県と比較し、遅延しているように思われなくもない。
 埼玉の県南はいうまでもなく、県北、具体的には熊谷駅から神保原駅間を見ても、駅構内の諸施設整備や踏切の立体交差化は進んでいる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る