カフェ風スタイル“甘味処”【大甘堂】

2015年3月5日 12:00 PM

和洋折衷の菓子を提供

和洋折衷の菓子を提供

 和の伝統を守りつつ、洋風志向を取り入れた菓子を提供する「大甘堂」(山口剛代表)。カフェ風スタイルの菓子店を前面に押し出し伝統の、どら焼きや、きんつばなどを販売。店内メニューも充実しており、散歩ついでに〝甘味処〟を訪ねてみてはいかが。
 同店は大正12年に創業。以来、和菓子の王道を走り続けてきたが、数年前から和洋折衷の店づくりに着手。定番の大福に趣向を凝らし、群馬ブランド「やよいひめ」と、炊いた生キャラメル飴をコラボレーション。さらにマカロンのような「和かろん」も商品化。高級砂糖として知られる和三盆を使っている。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る