がん特区構想推進へ協議【第6回群馬がん治療技術地域活性化総合特区地域協議会】

2014年11月25日 9:00 AM

さまざまな分野からの意見交換が行われた

さまざまな分野からの意見交換が行われた

 第6回群馬がん治療技術地域活性化総合特区地域協議会が11日、前橋テルサで開かれ、自治体、大学・研究機関、病院・医療機関、金融機関からなる構成員など約80人が参加した。昨年9月の群馬がん治療技術地域活性化総合特区指定から1年が経過したことを受け、特区の取り組み状況の情報共有と特区構想の推進が目的。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る