ワークマン 北海道に進出【ワークマン】

2014年11月20日 9:00 AM

道内1号店として7日にオープンした手稲店

道内1号店として7日にオープンした手稲店

 作業服・作業用品専門店をチェーン展開するワークマン(伊勢崎市柴町、栗山清治社長)は、北海道に進出した。7日に道内1号店となる「ワークマン手稲店」(札幌市手稲区)をオープン。さらに12月5日には2号店の「同北36条東20丁目店」(札幌市東区)を開店する。同社では「北海道の競合店舗では定価に近い価格での販売が多く、ワークマンの売価と比べ20%程度の価格差がある」とEDLP(エブリデイ・ロープライス)政策への自信を示しており、同店の出店を皮切りに、道内に3年間で50店舗を出店していく方針だ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る