スーパーから賛否両論の声

2009年10月1日 2:14 AM

コープぐんまでは、県内2店で有料化の実験を行っている

 県、市町村、消費者団体、食品スーパーが連携し来年2月の一斉スタートを目指している「レジ袋無料配布中止」。レジ袋削減による環境負荷軽減や、消費者の環境に対する意識を変えるきっかけとすることなどが狙いで、レジ袋辞退率80%以上を目指している。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る