労働力不足を考える【県人事労務研究会】

2014年10月21日 9:00 AM

シンポジウムステージと参加者

シンポジウムステージと参加者

 「これからの労働力不足を考えるシンポジウム」(県人事労務研究会主催、県高齢・障害者雇用支援センター協賛)が8日、高崎市総合福祉センターで開かれた。約150人が来場、少子高齢化や労働人口減少に伴う採用難時代に企業がどう備えるかなどについて議論した。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る