材料在庫で一般向け商品開発【日本オーエスジー】

2014年10月16日 9:00 AM

くり抜き加工を施した糸巻き(左) 腰痛防止ウレタン製パッド (右)

くり抜き加工を施した糸巻き(左) 腰痛防止ウレタン製パッド (右)

 工業用ゴムパッキンの製造などを手掛ける日本オーエスジー(前橋市小坂子町、大嶋桂吉社長)はこのほど、材料在庫を使い、健康器具や釣り道具など一般向け商品の開発に乗り出した。新工場開設に伴い、従来、対応できなかった細かな加工技術を実現する機材を導入。既存作業の生産性向上で、顧客獲得や新分野での潜在需要の掘り起こしにもつなげる。「年々変わる顧客ニーズに対応できる体制を整えることが重要。一般向け商品の分野では、『ありそうで、ないもの』に焦点を当て市場に投入。仕事の領域を広げて行いきたい」(大嶋社長)。すでに試作品も完成しており、当面は通信販売で販路を拡大していく予定。 

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る