“前橋産ヒラメ”が好評【環境技術研究所】

2009年6月8日 9:00 AM

えさを採りに水面に出てくる前橋産ヒラメ

 環境技術ベンチャーの環境技術研究所(前橋市下小出町、嶋田大和社長)が開発した、水替え不要の循環システムにより室内養殖した〝前橋産ヒラメ〟が好評だ。昨年1月から養殖に取り組んでいたもので、今年2月から出荷を開始し、前橋市内の割烹料理店やすし店、レストランなどこれまでに60匹を出荷。「味はもちろん、調理人の方たちからも非常に高い評価を得ている」(嶋田社長)という。商業ベースに乗せるには水槽のスケールアップが不可欠だが、今年度中に着手する方針で、海水魚の内陸型養殖システムとして注目を集めそうだ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る