帯電ポリエステルフィルターで水処理【県繊維工業試験場】

2009年6月10日 9:00 AM

帯電ポリエステル不織布を詰めた試作フィルター

 県繊維工業試験場(桐生市相生町、布施久康場長)の近藤康人研究員はこのほど、ポリエステルをカチオン化により帯電させ、細菌などを吸着・除去する水処理用繊維フィルターを開発した。廃ポリエステルを利用できることから低コストで整備でき、ランニングコストも掛からない水処理方法として製品化し、発展途上国などに提案していきたい考えだ。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る