藤岡で初の宅地分譲を開始【イチカワ物産】

2009年6月5日 9:00 AM

分譲地は全12区画

 不動産・建設業のイチカワ物産(高崎市本町、市川薫社長)は7月初旬、藤岡市中大塚で12区画(敷地面積3924平方メートル)の宅地分譲を始める。同社で手掛けるのは完全自由設計の注文木造住宅だが、6月下旬には規格商品を完成させ、新規層の顧客開拓を目指す。10月初旬には隣接地にモデルハウスを

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る