シルク取り入れた企画満載【京ケ島天然温泉 湯都里】

2014年8月15日 12:00 PM

県産ブランドの小麦粉「絹の波」を使った「冷やしおっきりこみ」(699円)

 日帰り温泉施設の「京ケ島天然温泉 湯都里」(高崎市島野町、横手弘之社長)はこのほど、富岡製糸場の世界遺産登録を記念し、館内の温泉・飲食施設で、絹(シルク)を取り入れた企画を始めた。シルクパウダー入りの風呂や泥パック、さらには、おっきりこみ、デザートの「世界文化遺産登録記念メニュー」も発売。「観光客の利用も目立つので、少しでも多くの人に富岡製糸場の魅力を伝えていきたい。本県の充実している土産品にも注目です」(同施設)。季節にちなんだ新企画を順次、投入していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る