南三陸にコミュニティーカフェ【TSUTSUMI】

2014年7月4日 12:00 PM

今秋完成予定の南三陸コミュニティーカフェの予想図

 住宅リフォームなどを手掛けるTSUTSUMI(前橋市日吉町、堤広之社長)は、東日本大震災の被災地で進めているプロジェクト(南三陸コミュニティーカフェ)を始動した。コンテナハウスを12台連結。地域住民らの憩いの場や高齢者の働く場所として活用されるもので、全国的にも珍しいケース。完成は今秋の予定。「プロジェクトに参加して、自分たちの技術が多くの人の役に立てばうれしい。引き続き、バックアップ体制を整えていきたい」(堤社長)。災害向け商品として、太陽光・風力発電を組み合わせたコンテナハウスの製造にも本格的に乗り出していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る