思い出の写真と旅立ち【光工芸】

2014年6月30日 9:00 AM

棺の内側に写真をプリントできる

 什(じゅう)器、ディスプレー制作の光工芸(沼田市戸神町、高橋和朗社長)はこのほど、写真や絵などをプリントできる紙製の棺(ひつぎ)、「写棺(しゃかん)」を考案した。24、25日にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開かれた「フューネラルビジネスフェア2014」で発表、近く販売を開始する。自分史をつづった写真集、家族で作る故人の思い出の立体アルバムなどとして提案していく。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る