県内申請戸数は前年の7割超【住宅金融支援機構北関東支店】

2013年10月25日 9:00 AM

 住宅金融支援機構北関東支店(前橋市千代田町、元木周二支店長)が16日にまとめた長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の利用状況によると、13年度第2四半期(7〜9月)の申請戸数は、同支店管内で前年同期比35・3%減の1091戸と前年同期を

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る