環境配慮型に一新【伊香保グリーン牧場】

2009年10月22日 6:16 AM

来年4月、小動物エリアをリニューアルオープンする

 伊香保グリーン牧場(渋川市金井、原直道社長)は、環境配慮型施設への転換を図る。食用油の再利用や食品残渣(さ)などを堆肥にした後に、施設内の畑に使う手法などを導入。12月をめどに県産材を燃料とした温室のイチゴハウスも開設する。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る