40病院が退院支援を検討

2013年9月24日 9:00 AM

事務局がある高崎健康福祉大に150人が集まった

 病院の機能分化や平均在院日数の短縮が進む中、病院・患者双方にとってメリットのある退院支援のあり方を考えようと、第1回「退院支援を考える会」研究会が14日、高崎健康福祉大学で看護師やMSW(医療ソーシャルワーカー)ら約150人が参加して

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る