高濃度放射性焼却灰管理用 コンクリ容器開発【カイエー共和コンクリート】

2013年7月29日 9:00 AM

外形寸法は1.6メートル×1.6メートル×1.6メートル。構造について特許を出願している

 コンクリート製品製造のカイエー共和コンクリート(前橋市堀之下町、中山春光社長)はこのほど、前橋工科大学と共同で、放射性物質で汚染された焼却灰を保管するコンクリート容器を

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る