電力自立型のスマートハウス【フューチャーアンドスペース】

2013年7月31日 9:00 AM

太陽光発電の電力で学生が生活する

 建設業のフューチャーアンドスペース(FAS、桐生市相生町、田村明美社長)は、群馬大学理工学研究院の鵜飼恵三研究室(環境創生理工学部門社会基盤・防災コース)と共同で7月から、「電力自立型スマートハウス」の実証実験を

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る