救急医療向上に基幹病院連携

2009年11月12日 7:06 AM

 県は6日、救急医療の充実、医師確保を柱とする地域医療再生計画を国に提出した。各都道府県に50億円ずつ配分される予定の地域医療再生基金を活用する取り組みで、計画期間は今年度から5年間。救急医療では、西毛地域で基幹病院の連携による救急医療の充実を図り、東毛地域に三次救急を担う救命救急センターを新設する。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る