療養環境向上に新病棟【群馬会】

2009年11月19日 6:35 AM

ヨーロッパのリゾートをイメージした外観に

 特別・特定医療法人群馬会(高崎市稲荷台町、村山昌暢理事長)は、敷地内で新病棟の建設を進めている。病棟の老朽化や施設基準の変更に対応するための建て替えで、完成後の病棟の延べ面積は現在の約1・5倍に広がる。病床数の変更はなく、1人当たり面積が増えるなど、快適性に配慮した施設となる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る