サイドターンランプ トヨタ車に急拡大【大嶋電機製作所】

2009年11月26日 5:51 AM

左端2つがフェンダー用、その他はすべてドアミラー用

 自動車用ランプ・ミラー製造を手掛ける大嶋電機製作所(太田市西新町、加藤勇社長)はトヨタ自動車向けの供給を急拡大させている。同社の独自技術である同一金型内で、成形、接合を行う「OSI成形工法」を武器に3年前、「カローラ」のサイドターンランプの受注を獲得したのを皮切りに、着実に採用車種を増やし、今年5月には大人気機種「プリウス」への供給も開始するなど、現在トヨタ5車種の同ランプを生産。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る