射出成形向け試作型事業に参入【群栄化学工業】

2009年11月26日 5:16 AM

新工法により製作した試作品

 群栄化学工業(高崎市宿大類町、有田喜一社長・東証1部)はこのほど、プラスチック射出成形向けの試作型事業に参入した。同社の保有する材料技術と最新の積層造形技術を組み合わせることで、従来のアルミ型に比べ、最大で50%程度のコスト削減が可能となるほか、工期も3分の1程度に短縮できる。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る