CO2排出量を「見える化」【杉原エス・イー・アイ】

2009年12月3日 5:07 AM

開発の進むモニタリングソフト。CO2排出量が一目で分かるほか、グラフ化することができる

 プリント基板の設計・製作、ソフトウエア開発を手掛ける杉原エス・イー・アイ(伊勢崎市今井町、杉原俊夫社長)はこのほど、RFIDソリューション技術を活用し、二酸化炭素(CO2)排出量の「見える化」を実現した「ECOモニタリングシステム」を開発した。

続きを読む場合はログインしてください。

ログインの詳細についてはこちらから

会員ログイン

ページトップへ戻る